特長・機能提供形態導入までの流れ活用事例導入事例背景地図について

デジタル世界地図帳「ゲオグラフィア」がリニューアルしました。(2020/12/22)

お待たせいたしました。ゲオグラフィアが新システムになって運用開始いたしました。
非Flash化をメインにシステムの改善が行われ、動作がよりスムーズになっております。

※メインとなる部分は問題なくご利用いただけますが、一部機能が未実装の部分や、 注意を要する機能がありますので、以下に主だったものを記載いたします。

■InternetExplorerには非対応となっております。他のブラウザをご利用ください。
■仕様上、地図の南北移動に制限がありません。また、東西移動のようにループしません。
■ゲオグラフィアからの直接印刷は未実装です。画像は作成できますので、画像ビュアーなどから印刷することで機能は代替できます。
■ログイン時「ログアウトできていないため、ログインできない」旨のメッセージが出ましたら、いったんログアウトしてから再度ログインしてください。
■画面右側にあるレイヤ一覧の最上段に上下の矢印があります。これは選択しているレイヤの重なり順を変更する機能です。
地図上でオブジェクトの上下順は入れ替わりますが、レイヤ一覧は変化しません。
■一部の凡例が機能しておりません。
■デモサイトは一時的に閉鎖しております。


デジタル世界地図帳「ゲオグラフィア」が新しくなりました。(2020/04/06)

新規主題として
・行政区画別推計総人口
・英国外務省テロ危険情報
・英国外務省海外安全情報
の3レイヤを追加しました。
尚、地形版のベクトル及び注記につきまして、
主題のポリゴンの上表示できるように改善しました。
モーリタニア・イラクの国旗も更新しております。
楽しんで見て頂ければ幸いです。
Raumkarteの最新情報は、下記リンク先のページを参照してください。
https://geocatalog.co.jp/map_database/release.php

■ 更新情報一覧
2020/12/22【お知らせ】
ゲオグラフィアのバージョンアップ版をリリースいたしました。
2020/12/21【メンテナンス】
12月22日15時にゲオグラフィアのバージョンアップ版がリリースとなります。
2020/04/06【お知らせ】
ご利用の皆様お待たせいたしました。サーバーの運用を開始しました。
データベースは更新済みですが、地図画像(キャッシュ)は徐々に更新され、
約1週間程度で完全に書き換わります。
ご利用できますが、ご不便をおかけいたします。
誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ちいただけましたら幸いです。
2017/09/25【お知らせ】
Geographia操作説明書を更新いたしました。
2017/08/10【お知らせ】
Geographiaホームページをリニューアルいたしました。
【パンフレット】リーフレットを公開しました。
2015/11/20【お知らせ】
Geographiaホームページ リニューアル
Geographia(ゲオグラフィア)とは

「Geographia」は日本製の全世界の地図データベース(※)上に
「外交関係」、「文化・文明」、「政治・経済」、「自然環境」などの情報を空間的に表示しています。
『視覚』に訴えることにより、法人としての新たな戦略、防護に寄与することが期待されるWebサービスです。

詳しくは「特長・機能ページへ」

(※)地図データベースはジオカタログ株式会社の中縮尺世界地図データベース日本語版空間地理情報データベースRaumkarte(ラウムカルテ)を使用しております。